2007年06月26日

光脱毛の光の正体

スポンサード リンク
光脱毛とは

光脱毛で用いるは、強力な白色ランプから出るにフィルターをかけて、メラニンに選択的に吸収されやすい波長のだけにしたものです。 このをムダ毛の毛根部に照射し、毛根と毛包を焼灼することによって毛の再生組織を破壊することにより、「脱毛」の効果を得る方法です。

原理的にはレーザー脱毛とかわりませんが、光脱毛がなぜエステサロンで採用されているかというと、医療レーザー機によるものと比べ安価であることや、レーザーの利用が医療行為にあたる部分があるために、光脱毛が広くエステ業界で広まっています。ただし、レーザー脱毛のような永久脱毛効果があるかは不明です。


光脱毛の種類

エステ業者や光脱毛機器の業者が、その「」にネーミングしている関係で名前としての種類は多いようですが、光脱毛を大きく分類すると次の3つに落ち着きます。

それは「IPL脱毛」、「フラッシュ脱毛」、「プラズマ脱毛です。
といっても、この3つの名前、光脱毛が3種類に分かれると思いきや、全て変わらないように思えます。
光脱毛についての技術情報はネット上で確認できませんでしたが、各々の説明を見る限り、違いがわからないのです。

まず、IPL脱毛のIPLとは、"Intense Pulse Light"の略語で、「間隔をおいて点滅する強い」を意味します
IPL脱毛はデンマークで開発されており、コンマ数秒の間に「」を点滅するように照射を繰り返すというものです。

ここで気づくのは、点滅するようにが照射する点です。これはフラッシュに例えることも出来ます。ネット上の情報を見る限りでは、フラッシュ脱毛の由来はこの点にあるようです。 ではプラズマ脱毛はどうでしょうか。実はあるエステサロンの説明で、次のようなフレーズがあります。
「IPL脱毛は、線(フラッシュプラズマライト)を利用したプラズマ脱毛です。」
さて、「IPL脱毛」、「プラズマ脱毛」両方の単語が一文に現れます。 以上のことから、光脱毛の主な3つの呼び名は、光脱毛の内容を探ると、それぞれの語源が埋め込まれており、もともと同じモノであると推測することができるのです。

光脱毛の特徴は

・肌の表面温度をかえず毛と毛包だけの温度を上げて毛の毛根を処理できる
・皮膚へのダメージが小さいことから、痛みが少ない
・医療レーザーよりの波長が長いことから、深部にある毛包の処理ができる
・スピーディな処理で、料金が比較的安い
・肌と毛質にあった処置が可能
・身体のほとんどの部分への照射が可能

などが挙げられます。
これは、光脱毛の他の名称である、「IPL脱毛」、「フラッシュ脱毛」、「プラズマ脱毛それぞれに共通している内容でもあります


光脱毛の治療期間

光脱毛の手法により、ムダ毛の治療にかかる期間は、だいたいの目安として1〜2ヶ月に1度のペースでを照射し、約4回〜6回必要になるようです。
実際、医療行為ではなくエステサロンで行えるようにの照射レベルが低いことから、医療レーザー脱毛よりもやけどなどのトラブルが少ないというメリットはあります。


光脱毛の料金

光脱毛は、一部について4〜6回必要になりますが、その料金は安いところだと1回1万円というところや、1年で98000円など、エステサロンによって、また脱毛箇所によって異なるようです。これは脱毛エステメニューの中ではかなり値頃な部類に入ります。とはいえ、そのお店の実績が一番大切です。その調査には抜かりがないように心がけてください。
ラベル: 脱毛 光脱毛
posted by 光脱毛 at 22:40| 光脱毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

本ウェブサイトのプライバシーポリシー

本ウェブサイトのプライバシーポリシー について続きを読む
posted by 光脱毛 at 22:17| 光脱毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。